80:20 大切なのはどちらなのか?

20170221-1

 
思いがけないアクシデントが起きました。頭の中は、どうしてそんなことが起きてしまったのか…その原因を探しはじめます。そして、いくつもの要因とそれによって引き起こされうるいくつかの結果が、フラッシュのように目まぐるしく頭に浮かんできます。そして、その次には、自分の行動に対する正当化が始まります。複雑な因果関係の網の目はやがて整理され、頭の中で多数決が行われます。その結果は「私が悪いという動議は圧倒的多数で否決されました」となり安堵します。
たしかに多数決においては、僕は「悪くない」に分類され、そのように記憶されるのかもしれません。でも企業人として考えるとき、僕の行動は…僕の考え方は、正しいとは言えないような気がします。
 
もしかしたら、僕らは知識と努力に頼り過ぎているかもしれません。たしかにそれは必要です。「歩く百科事典」のような人並み外れた知識の集約度を披露することは、ちょっとした集まりで周囲の感心を呼び込むほどに、たしかに爽快ではあるでしょう。例えば、テニスで言えば、知識は正しいスイングの軌道であり、努力はフットワークだと言い換えることができるかもしれません。でも、それだけで試合に勝つことはできません。これらをコントロールし、流れに応じて試合を組み立てていく肝心なものが必要です。
 
流れに応じて試合を組み立てるものは何か、仕事においてそれは「知恵」です。知識をいくら積んだとしても、ただただハードな計画を立ててみても、知恵の木は成長しないでしょう。知恵は、心の汗なしには育たないもののようです。僕の経験から言えば、失敗や挫折の中にこそ、知恵を最も成長させる要素がありました。テニスで言えば、試合に出て勝てるわけがないと思える人との対戦の中でも、めげずに「何かをつかんで帰る」という心に宿るものだと思います。
もしかしたら、知識偏重は知恵の弊害ですらあるかもしれません。行動が伴っていないと…実践がないと、知恵は育まれにくいもののようです。失敗や挫折の経験が多い人は、挑戦をし続けている人です。ですから、知恵のある人の第一の資質は「挑戦をする人」かもしれません。
 
そして、さらに言えば、知恵のヒントの多くは、自分の頭の中に生まれるものではなくて、だれかとの関係の中に生まれることが多いように思えます。テニスプレーヤーで言えば、コーチとのコミュニケーションの中にあるかもしれませんし、もしかしたら対戦相手が打つボールに込められた何か…かもしれません。知恵のある人の第二の資質は、知恵のある人に聞こうとする「開かれた心」かもしれません。
 
失敗や挫折で自暴自棄になってしまったら、それはとても残念なことです。それは知恵の木を育てる滋養になるどころか、木の根を腐らす毒になってしまいそうです。「めげない前向きな心」が求められますが、「それを持とう!」と言っても僕にはハードルが高すぎました。自暴自棄になる場合の多くは、そこに怒りや焦りや恐怖があったような気がします。むしろ、なぜ自分がそんなときに、怒りや嫉妬や恐怖を感じるのかを見つめた方が良い場合が多いかもしれません。少なくても自分はそうでした。
知恵のある人の第三の資質は、「前向きな気持ち」…僕の場合は「こだわりからの卒業」と言った方がしっくりする気もします。
 
さて、冒頭の話に戻ります。「私が悪いという動議は圧倒的多数で否決されました」の中には知恵が育まれる要素は見当たりません。
全体の影響力は20%であったかもしれない、でもその20%を起爆剤として、…きっかけとして、残りの80%に正しく働きかけられる余地はなかったのか…この考えの中にだけ「知恵」が生まれる土壌があります。仕事にとって大事なのは、多数決でもなければ、正当な理由の主張でもありません。大切なことは、自分に託されていた20%をさらにグレードアップする術を身につけることです。知恵のある人の第四の資質は「謙虚さ」です。「学ぶ力」とも言い換えられるかもしれません。
僕はひょっとして、この第四の資質が一番大切であるような気がしています。なぜかって? 「言い訳をしたい自分」「多数決に持ち込みたい自分」の存在にいつも悩まされていますし、謙虚さが僕に不足していると痛感することが多いから…です。
事実、アクシデントに接して、早く「謙虚」にならないと、他の3つの資質の出番は回ってこないような気がします。謙虚な人でありたいですね…切にそう願っています。
 

社会の灯る光になるための旅のはじまり(3) 5つの強み

20161206-1

 
前回に続いてセミナーで印象に残った・感銘を受けたお話をご紹介しましょう。
 
冒頭の画像は、15~20分の間、パソコンに示される質問をずっと答え続けた結果、導き出された僕の5つの強さです。前々回のブログで紹介した34の資質のカテゴリーの中で、僕が強さとして持つ上位の5つです。順番も重要になります。
 
勘違いしてはいけないことは、34の資質のうち、どれが優れているか…という比較をしてはならないということです。社会が成り立ち、健全に保たれるためには、34の資質のすべてが必要です。言い換えれば、「社会」と「健全」をつなぐ鎖のようなもので、34のどの1つの鎖の輪っかでも欠けてしまうと、社会は成り立たなくなるのです。

さて、同じ強さで同じ順番である人が出現する確率は3300万人に一人だそうです。世界の人口はおよそ74億人ですから、世界で200人しかいないことになります。
もし、上位6位まで一致する人を見つけるとしたら、10億人に一人となります。世界に7人しかいないことになります。もし8番目まで一致する人を探すとしたら、7000億人に一人となり、これまで地球に出現したすべての人間を合計しても会えそうもない…そんな確率となります。
それくらい僕たちは、稀有な、言い換えればかけがえのない存在ということになります。

京セラの創始者である稲盛和夫さんは、講演の中で、次のように言われていました。「才能にはさまざまな種類があります。人よりある脳力が優れているからと言って決してそれを自慢したりしてはいけません。みんなを代表して持たされているのです。走る能力に恵まれた人は走ることで、研究することに優れた人は研究することで、経営に秀でた人は経営することで、社会に貢献をする責務があるんです。その能力を、きちっと伸ばして、社会に正しく貢献する責務を負っていることを忘れてはならないのです。」
稲盛さんが言われたことを、まさに3300万分の1あるいは7000億分の1という数字は物語っています。
 
講師は少し脳科学の視点でも補足しました。
「人類は受精して45日後には切手大となります。最初に組織が形成されるのは脳です。受精して120日経つと脳の細胞は1000億になります。1日当たり1億9700億個の脳細胞が誕生していることになります。脳が誕生してから2年、ですからこの世に生まれ出てから約1年経つと、脳細胞は数を増やすのではなく、脳と脳とのつながりを増やしていくようになります。1つの脳細胞当たり、15,000のコネクションが形成されていくと言われています。脳細胞のつながりの中には、細い線、ちょっと太い線、太い線…が存在します。5つの強みに焦点を合わせるということは、この太い線をより強化しよう…ということを意味しています。3車線のハイウェイを、4車線、5車線あるいは10車線にする…ことになります。」
さらに講師は「この車線を太くするためには、①スキル、②経験、③知識の3つの要素が必要になります。逆に太くできない原因としては、①自分の強みを知らない、②知っていても用いようとしない…原因は前回お話した心の壁です、③健全な使い方をしていない、④利己的に用いている、が考えられます」と付け加えました。
 
イチローでしたでしょうか。あるいはイチローが誰かの言葉を引用してそう言ったのを聞いたのかもしれません。「天才というのは、ある特定の分野において、人並みならぬ努力ができる人のことを言うんだと思います。」
能力は持っていることを自慢するためのものではなく、その能力を人並みならぬ努力で伸ばすために持たされている…そうとも言えるようです。
 
講師は1つ面白い現象をお話しするのを忘れていましたと言って次のことを紹介しました。「上位5つの強みに集中して活動しているときに、人は脳の中の1円サイズの部分でエンザイムが活発に働くのです。」
1円サイズの部分は、幸福感、満足感をつかさどる部分で、ここが興奮状態になるそうです。
 
自分の長所を意識して、その成長に努力を傾注することは、1つには「自分が生きているこの社会に最高の貢献をするため」であり、もう1つは、「同時に自分の人生を喜びで満ちたものにするため」であるようです。
 
社会に灯る光となるための心構えができた気がします。強く求めてみるものですね…チャンスはいつのまにかセミナーという形でまず転がり込んできました。
 

社会の灯る光になるための旅のはじまり(2) 私たちは鎖につながれた象

20161205-1

さて、前回に続いてセミナーで印象に残った・感銘を受けたお話をご紹介しましょう。
 
いくら自分の強みを見つけたとしても、それを伸ばす妨げとなっている壁を壊さないと、強みは発揮されません。その壁は誰もが持っている、ある意味でやっかいな、自分で勝手に作り出したものです。大きくわけて2つの種類が存在します。①育った環境、と②社会的な束縛、です。
 
①の育った環境のことは、「象と鎖」の話がそのことをよく説明してくれます。小象を小象の力では決して抜けることのない杭と結んだ鎖につなぎます。小象は最初は何とかして鎖がぴんと張ったその先に行こうと頑張ります。しかしやがてどうやってもその鎖の長さより先には行けないことを学びます。そのまま象は成長します。やがて大きくなった象はその杭を抜くだけの十分な力があるにも関わらず、それより遠くには行こうとはしないそうです。
 
②は「サルとバナナと水のお仕置き」の話がそのことをよく説明してくれます。サルをグループにして囲いの中に入れます。中央に梯子があって、その梯子にのぼると届く高さにバナナがつるしてあります。当然サルは梯子をのぼってバナナを取ろうとします。すると、取ろうとしたサルばかりでなく、グループのサルにも高圧の水が噴射されます。バナナを取ろうとしたサルはたまらずバナナを取るのを諦めます。グループの他のサルたちもとても不快な思いをすることになります。これを繰り返すうちに、どのサルもバナナを取ろうとはしなくなるそうです。サルを1匹囲いの外に出し、入れ替わりに新入りのサルを仲間入りさせます。水の噴射のことを知らない新入りのサルは真っ先にバナナを取ろうとします。そうすると周りのサルたちはそれを必死に阻止します。新入りのサルはバナナを取ってはいけないことを学びます。一匹出して新入りを入れて…を繰り返します。ついには、水の噴射の経験をしたことのあるサルは一匹もそのグループの中にはいなくなります。しかし、それでも、バナナを取ろうとするサルはいないそうです。そして、同じように新入りの行動を必死に阻止するそうです。
社会的な束縛の中には、意味を失ったものがたくさんありますし、周囲の目を気にする気持ちが、私たちの鎖となっている例は、おそらく挙げたらきりがないことでしょう。
 
育った環境が原因にせよ、社会的な束縛によるものにせよ、否定的な思いクセを直すのはたいへんです。一念発起したとしても、脳の回路がそれを放棄するようになるまでには少なくても20日はかかり、前向きな考えに変わるまでにはさらに20日が必要だそうです。
 
僕の経験でも、育った環境や周囲から受けたマイナスの経験から脱却することは容易ではないことは理解できます。
記憶には、「足跡」と「化石」があるそうです。足跡は風や雨により容易に消えるものです。しかし、化石はすでに実態がないにも関わらず記憶の世界の中に存在し続け、それが生きていたときのことを呼び起こします。悪い経験を、学びとしてとらえ、足跡を化石にしない知恵を持つことはとても重要なようです。
 
では、化石を消す魔法の言葉はないのか? 1つあるそうです。それは「許す」ということだそうです。
僕は人と話すとき強く印象を受けることがあります。それは、親や友人のことを悪く言う人に会うと、年齢に関係なく「大人になれない人」という印象を受けてしまいます。もしかしたら、化石の多い人なのかもしれません。
 
講師は次のように言っていました。「間違ったことを正しかったと思いなさいということではないのです。正しいか間違っていたかという次元と許すか許さないのかという次元は違うという認識を持つということです。心の中に過去の鎖があることが「自分の強みの成長を阻害する最大の壁になる」という科学的な事実を言っているのです。」
そして、講師は休憩に入る前に次のようにその講を結びました。「正しい判断は、『正しい場所で、正しいペースで、正しい人といっしょに行うという3つのどの要素が欠けても生まれない』ということを忘れないでいただきたい。正しい場所とは…心理学では『安全な場所』という言い方もされます。言い換えれば、心に壁がなく平安である状態を言います。」
 
 
次回に続く。

社会の灯る光になるための旅のはじまり

20161204-1

 
今の僕のテーマは、どうしたら社会に貢献できる自分になれるかということです。どうやら、最近の自分の関心は結局ここに集中している…と気づきました。そのために、自分の強みを発見して、どう社会に貢献するか・・・を考えるセミナーに参加しました。このカリキュラムは大学における以下の実験結果からアメリカで誕生したものです。
 
80%は憶えているという理解度で学生が読む速度を調べたところ、平均は1分間に90Wordsという結果だったそうですが、その中に350Words/分という卓説したグループが存在したそうです。そこで大多数の90Words/分のグループと、一部の350Words/分に分けて、6週間の速読の訓練をしました。
 
6週間後90Wordsの集団は140Words/分にまで、60%の進歩を見たそうです。意外だったのは350Words/分のグループです。すでに能力が開花しているのかもしれないと思われたグループですので大きな伸びを期待していなかった専門家も多かったようですが、2,970Wordsまで、8.5倍にも伸びたのです。
 
この研究を主導した博士は、その後40年かけて、人の能力を600に分け、さらに34のカテゴリーに分けました。どの能力がどの能力より優れているということは決してありません。どのカテゴリーも必要なチェーンの輪のように、私たちの社会生活を維持・発展させるためには必要な要素だそうです。
 
ここで大切なことは、欠点を克服するための努力はとても大きなものが要求されるけど、せいぜい5ポイントか6ポイントが改善されるだけで、その努力を長所を伸ばすことに使えたら、能力を5倍にも10倍にも延ばせる可能性がある・・・という科学的な結論です。
 
 
次回に続く。

人間関係の4つのフェーズ

昨日に続いてリーダーのためのセミナーで聞いたお話をもう1つご紹介します。
企業にとってリーダーシップが強く求められるということは、言い換えれば、一人の力でできることはとても小さい…ということ表しています。チームそしてチームワークをベースとして、リーダーシップは発揮されます。優れたリーダーは、一方で優れた人間関係を作れる人でもあるわけです。
 
人間関係は4つのフェーズがあるそうです。
 

20161121-1

 
フェーズ1は、人間関係を失い孤独な状態です。周囲に人が多くてもこの状態になることはあります。この人間関係を失った状態を回復しようとするときに、悪い人間関係や、偽りの人間関係が生まれることがあります。イエスマンでいること、本当のことを言うと壊れそうでついつい相手に合わせている…いうべきことを仕舞ってしまう…という関係はフェーズ3かもしれません。
私たちが実現すべきなのはフェーズ4であることは言うまでもありません。そうでないと、本当のチームワークは生まれないし、充実感や達成感も難しいかもしれません。大切な成長の多くは、人間関係の中から生まれると信じているのは、僕だけではないと思います。フェーズ3が、どれだけ人をむしばみ、会社の成長を妨げるものであるかを僕もずいぶんと見てきました。官僚的…もフェーズ3の典型かもしれません。
しかし、セミナーではある重要な示唆がこれに加えられました。このセミナーを受けて本当に良かったと思ったのはここからです。フェーズ2やフェーズ3から脱して、フェーズ4に達するためには、ある扉を開かなければならない…というのです。
 

20161121-2

 
その扉とは…自分自身だそうです。自分を開く…言い換えれば自分の弱さを開くこと、別の角度から見れば「謙虚な人」ということになりそうです。
結局フェーズ3になってしまいがちな自分を、組織が悪い、だれだれが悪い、と言いがちですが、本当は自分がかわいいからですよね。僕もそうですから…。
自分を開く…ん~、これは簡単じゃないぞ!