揺れるマンション

20171029-1

唐突に修繕積立金が大幅に不足している…という話が理事会を通じて持ち上がった。大規模修繕の予定を来年に控えた間際の時期に突然に知らされた現実であった。管理会社のアドバイスに従って、理事会は住民に対して、不足分を各住民が一時に払うのか、それとも住民全体で借り入れを行ない長期に返済していくのかという2者択一のアンケートを行った。その結果は、真っ二つに割れた住民の意思であった。その実情を説明するための総会で事態は動き始めた。管理会社は、積立金の不足理由として、消費税率のアップ、地震・オリンピックによる建築資材と人権費の高騰を挙げた。しかし、一部の住民から、一度冷静になって、何が何でも来年やるべきなのか、もう一度計画を精査して計画を練り直すために少しだけ先延ばしすべきなのかを検討したらどうか・・・という意見が出た。総会の全体の空気が変わった瞬間だった。もしかしたら、予定取りに事を進めようとする管理会社主体の運営が、住民主体の運営に変わろうとした転換点だったかもしれない。引き続き行われたアンケートで、住民の総意は「延期」と決まった。もちろんこれで問題が変わったわけではない。しかし、問題をどう捉えるかが…が大きく変わった。「延期」という総意により、住民は問題が自分の外にあるのではなく、自分の中にあることの自覚が問われることにもなった。第2回目のアンケートの説明会には、いつになく多くの住民が出席した。その中で、住民から管理会社に、「なぜ積立金は潤沢にあると言い続けてきたのか?」という質問があった。そして「事態が明白になったときにどうしていったん冷静になって全体の計画を練り直しましょうという選択肢を提示できなかったのか?」「工事内容を管理会社が指定して複数社に対して相見積をさせたということだったが、そもそもその工事内容の適否はどう判断したのか?」という質問が続いた。管理会社の担当者2人は前回までの勢いを失った。急に歯切れが悪くなった。しかし、担当者2人の態度や表情は意外なことを感じさせた。本当のことを言いたい個人と企業人としての葛藤がそうさせているように思えたからである。住民の側に立って言うべきなのか、企業の側に立って言うべきなのか、立ち位置をはかりかねているという印象を受けたのである。調子よいことを言って問題を先延ばしようと思ってきたのではなく、もっと別の力が二人を縛っていたのかもしれない。
『揺れる組織』の原因はここにあるのではないだろうか?管理会社の担当者2人の苦しい表情を見ていて、これもまた他人事ではないと思われた。自分の会社はどうなのだろうか?
 
会社は『やってはいけないこと』を定めなくてはならない。そして、そのやってしまったことの重大さに応じて罰則を適用しなければならない。会社のお金を勝手に使ってはいけない。勝手に出張をしてはいけない。勝手に発注をしてはいけない…考えてみればばかばかしいほど当たり前のことでも、お堅い言葉で明文化しなければならない。本当はそんなことを書かなくて済む組織が理想なんだろうけど、現実はそうはいかない。京セラの創始者・稲盛和夫さんは、「罰するためではなく、本来人は誘惑に弱いものなので、悪い誘惑から社員を守るためにルールを決めなくてはならない」と言われている。最も大事な視点だと思う。
ケースに応じて「問題を持ち返って、社で検討してからお答えします」と答えるように指導するのは、人は「人に好かれたい」という誘惑に弱いものなので、理性的に判断する機会を自分で作るようにさせる工夫でもある。
 
しかし、人は時に「どこがいけなかったというんですか?」という憤りを表面に出す。ルールを決めるだけでは『いけないことをしていないのだから、自分は間違っていない』という大きな勘違いを生む。これはとても深刻な勘違いである。管理会社の担当者2人の困惑は、「人として」より、「会社人として」の価値の方が下にあってもいいんだと認めてきてしまった結果なのだろうと思う。会社は、どこまでいっても、どこを切っても、「会社人として」より「人として」の方がずっと上になくてはならない。「人として」の高きを求めることこそ「会社人として」正しい姿勢であることをフィロソフィーで明確にし、繰り返しそれが社員の心に浸透する働きをあきらめないようにしたい。何のための人生なのか…、会社や仕事のために人生があるのではなくて、人生の大きな目的のために、仕事があることを、会社がちゃんと伝えていないと、管理会社の担当者2人が抱えた葛藤は解消しないのだろうと思う。二人が同時に当惑した姿を見せたのだから、やはり会社の文化に問題があるのではないかと感じてしまう。そして、そのことは決して対岸の火ではない。
 
「間違ったことをしていないのだから責められることはない」「失敗をしていないのだから責められることはない」という本質的な勘違いから僕たちは何とかして脱したいと思う。そのためには、「会社人として」より、ずっと高いところにある「人として」のフィロソフィーを会社はきちっと伝えていかなければならないし、同時にまた、他社に誇れる自社のフィロソフィーであっても、そのフィロソフィーの前では社員が謙虚になれる文化を立ち上げないといけないと思う。そうでないと、「どこがいけなかったというんですか?」というおごりを解消することはできないと思うから。
そして、自分自身の「人として」の高きを求める姿勢がないと、顧客満足の本質も見えないのだと思う。
 

答えは意外なところにあった

今度いっしょに飲みましょうよ。次の月曜日はどうですか?
というわけで、僕は彼と飲むことになった。
高校時代にラガーマンだった彼は酒にめっぽう強い。
僕ときたら、ジョッキ2杯で、夜空を飛んでいる気分になれるのに…
 
どうして、僕は彼と気が合うんだろう?
どうして、彼は僕と気が合うんだろう?
彼は、まるで放物線を描いて、クロスバーの上、5.6mの幅のポストの間を抜けていく楕円のボールを追うような…くやしいくらいの笑顔を保ったまま、8杯目を口に運んでいる。
そのうち、理由なんてどうでもよくなって…
僕はあっさりステップでかわされて、諦めて背中を見てるだけ…になる。
 
でもその答えは、意外なところにあった。
彼は僕が中学生のときから通っている床屋の何代目かの店長なんだけど
その答えは、働いている人も、お客さまも使う…きれいに掃除されたトイレの中にあった。
 

20170831-1
「頑張ってる」って
「一生懸命やってる」って
 他人が決める事だなぁ。

 
というわけで、9月もまた同じ店で飲むことになりました。

実験室の夢

20170618-1

今日も一人閉じこもって、得体のしれない物体を溶かす実験に没頭している。
もうどれくらい、この実験をしているのだろうか?
記憶でたどれる限り、ずっと一人ぼっちで戦っているような気さえする。
 
白い壁に覆われた広く長細い実験室の真ん中には、ちょうどおへその高さくらいの長細い黒い天板の作業テーブルがあって、その上には、同じように細長い3段の棚が置かれている。
一番下の棚には、この実験のために誰かが新たに用意してくれた試薬の小瓶がたくさん並んでいる。そしてその上の中段には、ずっとずっと以前からある試薬が並んでいる。そして、一番上の棚、背伸びして届くか届かないかの位置に、1つだけ試薬が置かれている。どの試薬のラベルにも化学名と化学式が書かれているのに、この一番上の棚にある試薬のラベルだけは、その場にそぐわなかった。何しろ、化学名もなければ、製造日も書かれていない。ただスマイルのマークだけが大きく書かれている。
 
一番下の段の試薬は、この実験のために初めてその封が解かれたものばかりだ。中段にある歴史を感じる試薬たちの封はどれも開けられていて、下段の試薬に比べればずっと大きい瓶なのに、どれも半分かそれ以下しか残っていない。調達の係りの話だと、中段の試薬は無尽蔵にあるので、無くなる心配はないそうだ。一番上のあの人を馬鹿にしたようなスマイルの瓶だけは、ここからでは封がそのままなのか、すでに開けられた形跡があるのかをうかがい知ることはできなかった。
 
今日も得体のしれない物体が入ったビーカーとずっと睨めっこをしている。もし、この得体の知れない物体を溶かすことができれば、次の配属先が決まっているのだが、どうしても溶かすためのレシピが見出せないまま月日が過ぎていた。この棟に残っているのは、残念ながら過去にこの実験に失敗した人ばかりなのだが、いくつかの貴重なアドバイスを残してくれていた。中段の試薬は、反応を促進したり、試薬同士の溶解を確実にしたりしてくれるそうだ。最後の鼻薬として欠かせないもののようだ。そして、みな決まって「あの最上段の試薬に頼るようじゃこの難しい仕事は務まりゃしないさ」と冷笑を込めて言う。
 
来る日も来る日もまだ試したことのない組合せに挑戦する。今日もすでに38通りの組み合わせを試した。もう夜の9時30分になろうとしている。残業が許されている時間も残りわずかしかない。決まってこのくらいの時間になると考えることがある。この試薬を用意してくれた人物か、あるいは組織は、肝心な試薬を調達していないんじゃないかと…。
39通り目の組合せを試した時だった。緩慢ではあるが溶解が速まったような気がした。だがもう時間がない。最後に中段の試薬から2つを取り出して、それに加えてみた。激しい泡が発生し始めた。ついにレシピは完成したのか。その激しさで、ビーカーの中の物体はまったく見えないほどだ。心臓が高鳴るのを覚えた。10分ほどしただろうか。急に泡が穏やかになり、すっと液体が透明を取り戻した。見ると物体はむしろ大きなってしまっていた。思わずさけんだ。「この中には肝心な試薬がないんだ。調達したやつらは何やってるんだ!」
最後の3分で、レポートを書いた。揃えられている試薬が適切でないことを理路整然と記した。この努力を責めることができる人はきっと一人もいないだろう。それでも、やはりうなだれて、複雑な思いを抱えたまま実験室を後にするしかなかった。実験室の頼りないドアを閉め、棟を出る頑丈な金属の扉を閉めると、セキュリティーのためのロックがかかった。今日という日の終わりをつげる音だった。
 
誰もいなくなった実験室。誰もが寝静まったころ。実験室はわずかな明りに照らされた。試薬のラベルの文字がぼんやりを光り始めた。光っているのは、中段のいくつかの瓶とあの一番上の瓶だった。光っている中段の瓶を見ると、「虚栄」「嫉妬」「恐怖」「保身」「怒り」などの文字が読めた。そして、一番上の瓶にはこう書いてあった…「運」。わずかな明かりで実験室のドアの上の表札もかろうじて読めた…「自分」。
 

僕の願いは

20170608-1

 
もし生きることがあら野を渡るようなものなら
あら野の真ん中で
ここは、緑豊かな草原なんだと自分をだますより
せめて少しは自分が強くなってこの道のりを終えたいと祈れるしたたかさがほしい
 
もし生きることが木の葉に乗って海原に出て行くようなものなら
波と波の間で
誰かに会ったときに「こんな馬鹿げた冒険に出た」言い訳を考えているより
ひたすらに島に向かって漕ぎ続けている姿を見せられる愚直さがほしい
 
もし生きることが避けがたく運に翻弄されるものなら
失意にあって
もっと厳しい宿命に負けない頑丈なよろいを願うより
よろいなんか脱ぎ捨てて、涙について微笑みながら語れるしなかやさがほしい
 
もし生きることが息を切らしながら山を登るようなものなら
頂に立った時に
そのことをふもとの人たちに誇るための雄弁さより
もっと高い山がたくさんあることに気づける謙虚さがほしい
 
自分を守るためのよろいの話より
あら野で咲く花に通じるいとおしさについて
海原の頭上に広がる何億光年に通じる永遠について
山頂に吹く風に通じる恵みについて
僕はあなたと語りたいと思っているのです。
せっかく同じ時に生きるという奇跡をいただいているのですから。
 
 
なぜ、こんな文章を書いたのかなあ…自分でもよくわかりません
ちょっと手こずった仕事を終えて、1本1,300円のけっして高くはないイタリアのワインを飲みながら、YouTubeで山下達郎のずっとずっと昔の曲を聞いていたせいかもしれません。気がつくとちぎった紙の片隅に書いてました。僕の頭というか心の中では、たまにはこんなことも起きます。
 

My eyes on you

20170529-1

My eyes on you …というシンプルな繰り返しが心に沁みてくる曲の作詞をした人の話を少しご紹介したいと思います。
 
ホレイショ・スパフォード(Horatio G. Spafford)は1828年にアメリカのシカゴで生まれています。弁護士であり、2つの大学の法学部の教授でもありました。彼の弁護士事務所は、シカゴで最も成功した事務所の1つであると言われました。彼には4人の子供がいたそうですが、唯一の男の子を幼くして伝染病で亡くします。その半年後、1871年に、17,400棟が全焼したシカゴの大火災に見舞われ、財産の大半を失います。
 
ようやく立ち直りかけた2年後に、心の癒しを求めて、ヨーロッパへの家族旅行を計画します。しかし、彼は出航直前になり、破産した自分を助けてくれた恩師の急場を助けるため、後から行くことになります。1873年1月15日、多くの乗客を乗せたフランス旅客船は、ニューヨークの港を出港しました。
9日後、彼はとても短い1通の電報を受け取ります。それは彼の奥さんからのものでした。「私だけ助かった」
 
1月22日の夜、みなが深い眠りに就いている午前2時頃、彼の家族を乗せた客船は大西洋の真ん中でイギリスの大型船ロックアローン号と正面衝突しました。そのわずか12分後に、船は226名を乗せたまま海底深くに沈んでいきました。この事故でスパフォードは3人の娘、全員を亡くします。奥さんだけが救助されました…さきほどの一言だけの電報はそのことを表していたものだったのです。
 
この詩の中で、私の目はいつもあなたに向けられているというmy eyes on you という歌詞が何度も出てきます。僕はこの部分を次のように解釈しています。youは、1つは子供のこと。決して子供たちのことを忘れないという気持ち。そして、彼はクリスチャンでしたから、もう1つのyouは神のことを意味しているようですが、僕はそれは言い換えれば「自分の心が自分の魂に誓った生きる目的」ただそれだけを見ていくことでこの試練を生きていける…という意味だと考えています。
アメリカでは、何らかの理由で子供を失ったり、何かに絶望をした人に、愛され続けている歌です。
 
世の中は残念ながら平等ではありません。人生という航海は、彼の家族が乗った客船のように、事故に遭うこともあるでしょうし、思わぬ嵐に木の葉のように翻弄されることもあります。僕らには、かならずこのような試練や不幸に見舞われるときがあります。どうして自分だけこんな目に合うのか?と不運を恨みたくなるときが必ずあります。
自分のことだけをやっていれば、誰に迷惑をかけているわけでもないんだから、それでいいじゃないか…そう思いたくなるときもあると思います。でも、100年に一度の津波も防げるはずだった防波堤をいとも簡単に津波が超えたように、不幸や試練は自分が営々と築いてきた壁やプライドをいとも簡単に破って、どうすることもできない圧倒的な力で僕らをなぎ倒します。
 
それでも、僕らは自分の涙を心の中で抱きしめながら、My eyes on youに帰っていく…確固たる自信なんてとてもありませんが…でもきっと僕自身もそうであってほしいと願います。それと同じようにみなさんもMy eyes on youに帰っていけるように…心から祈ります。