「月」ボタンをクリック

【Head Office】

住所: 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-22 ヤマギビル4F

Address: 4F, Yamagi Bldg., 3-11-22, Iidabashi, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0072 JAPAN (Postal Code: 102-0072)

【 電話: 03-6913-6528 / Phone Number: -81-3-6913-6528

【 ファックス: 03-6913-6529 / FAX Number: -81-3-6913-6529

PosiTector 200 - PosiTector Platform
超音波多層膜厚計 ポジテクタ―200
ポジテクタ―200 測定試験例

測定試験例(一例を掲載しています。塗膜の材質、界面の条件、膜厚等により測定の可否は変わります。)

基材:アクリル+塗膜

アクリル+塗膜

用途はエレベーター用ボタンです。
塗膜の材質は不明ですが、1層です。

明瞭な1つのエコーの波形が安定して得られました。
問題なく測定は可能です。

基材:ABS+3層塗膜

ABS+3層塗膜

用途は不明です。

塗膜は3層で、上層からアクリル系クリア→アクリル系シルバー(アルミフレーク入)→アクリル系プライマーです。

分解測定できたのは2層でした。目標膜厚は上層から、25~35μm、8~12μm、7~13μmですので、アクリル系シルバーとプライマーは1層として測定してしまっています。

基材:ABS+1層塗膜

ABS+1層塗膜

用途は車のパーツです。
塗膜の材質は不明ですが、1層です。

明瞭な1つのエコーの波形が安定して得られました。
問題なく測定は可能です。

フィルムシート

フィルムシート

基材はなく、3層のフィルムです。

フィルムの材質は、上層からPE→PA→PP。
ガラス板の上にフィルムを置いて測定を実施。各層に分解することはできなませんでした。3層合計では波形が得られ、想定に近い測定値となりました。

ガラエポ基板+保護膜

ガラエポ基板+保護膜

ガラスエポキシ基板上の絶縁塗膜です。
ポリオレフィン系の防湿絶縁塗膜の膜厚計測が目的です。

明瞭な1つのエコーの波形が安定して得られました。
問題なく測定は可能です。

ページの先頭へ