「月」ボタンをクリック

【Head Office】

住所: 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-22 ヤマギビル4F

Address: 4F, Yamagi Bldg., 3-11-22, Iidabashi, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0072 JAPAN (Postal Code: 102-0072)

【 電話: 03-6913-6528 / Phone Number: -81-3-6913-6528

【 ファックス: 03-6913-6529 / FAX Number: -81-3-6913-6529

Online Seminar
規格、操作方法、運用方法、ノウハウなどをわかりやすく動画で解説

新登場 !!
炉内温度・製品温度測定用 『カーブエックス4』

  • 01:00新登場 Curvex 4 / カーブエックス・フォー
  • 01:24日本のニーズが生んだオーブンロガー
  • 01:30シリーズ最高のコストパフォーマンス
  • 01:35測定点数は8点
  • 01:43操作はシンプル=2つのボタンだけ
  • 02:05単三アルカリ電池×2本で60時間計測可能
  • 02:105万点×20ブロックの余裕のメモリ容量
  • 02:55専用データ管理ソフト
  • 03:05最高温度・キープ時間の確認
  • 03:29キュアインデックス

シリーズ「膜をつくる」
マルチ・ベーバード・アプリケーター

  • 00:45どのフィルムアプリケーターにも一長一短があった‼
  • 03:10開発現場の不満を解消するマルチベーバードアプリケーターの特徴
  • 04:10開発現場の要望を実現するマルチベーバードアプリケーターの設計
  • 06:30極薄基材への塗工を実現

シリーズ「現場塗装」スピンオフ版
誕生!ブレスルパッチの革命児

  • 00:57JIS Z0313「表面付着塩類」の測定
  • 01:35著名なブランドのTQC Sheenより斬新な形のパッチが登場
  • 02:12全く新しい発想のブレスルパッチをご紹介
  • 03:42厄介な問題も解決

シリーズ「膜をつくる」
自動塗工機 進化する自動コーター ALC編

  • 00:15自動塗工機 ALCシリーズの案内 同質なフィルムや塗膜を得るための自動アプリケーター
  • 02:45ALCシリーズ ALCmini+、ALC-MR、ALC-wideの3機種をラインナップ
  • 03:00バーコーターなど様々なアプリケーターが使える
  • 04:30優れた走行性能
  • 06:10豊富なプレートサイズ
  • 07:40現場の声を取り入れた優れた機能
  • 08:10無駄のない機能的な設計
  • 08:35クランプ機構 2種類の基材固定方法
  • 09:30選べるベースプレート種類
  • 10:25ALCシリーズラインナップ
  • 10:50Try&Rent

シリーズ「膜をつくる」
自動塗工機 進化する自動コーター AFA編

  • 00:15自動塗工機 AFAの案内 同質なフィルムや塗膜を得るための自動アプリケーター
  • 02:30AFA-Standard:A3プレートフルスペック、AFA-Light:A4プレート入門機
  • 02:50バーコーターなど様々なアプリケーターが使える
  • 04:00優れた走行性能
  • 05:37バキューム機構
  • 06:00AFA-Standardの便利機能
  • 06:45現場の声を取り入れた優れた機能
  • 07:15選べるベースプレートサイズ
  • 08:00選べるベースプレート種類
  • 08:45AFA-Standardラインナップ
  • 09:06Try&Rent

シリーズ「現場塗装」Part 1
膜厚管理…バッチ・スキャン・統計モードの活用

  • 01:02道路橋の防食の管理基準例
  • 01:50スキャン機能で作業の超時短
  • 03:19先進の膜厚計ポジテクター6000
  • 03:45バッチ機能でかしこくデータ管理
  • 04:04ポジテクター6000の便利な統計機能
  • 05:26造船関係の管理基準例
  • 06:10統計モードで判定ミスを無くす
  • 08:58本体の防塵・防水機能・水中使用可能なプローブ

シリーズ「膜をつくる」
検証 塗工速度が原因だった⁉ 低粘度編

  • 00:36塗工速度と膜厚の関係をバーコーターで検証
  • 00:55JISが断言! 自動塗工機を使わないとダメ!
  • 02:58塗工速度を変えて実験(ワイヤレスバーコーター)
  • 03:54塗工速度を変えて実験(ワイヤスパイラルバーコーター)
  • 04:27もっと薄い膜に挑戦(ワイヤレスバーコーターM型)
  • 05:06L型は低粘度に最適!?(ワイヤレスバーコーターL型)

シリーズ「膜をつくる」
検証 塗工速度が原因だった⁉ 中粘度編

  • 00:36塗工速度と膜厚の関係をバーコーターで検証
  • 00:55JISが断言!? 自動塗工機を使わないとダメ!
  • 02:58単なる物まねではダメ? ワイヤを巻かないバーコーター
  • 03:54塗工速度を変えて実験(ワイヤレスバーコーター)
  • 06:16塗工速度を変えて実験(ワイヤバーコーター)

シリーズ「膜をつくる」
検証 塗工速度が原因だった⁉ 高粘度編

  • 00:36塗工速度と膜厚の関係をバーコーターで検証
  • 00:55JISが断言!? 自動塗工機を使わないとダメ!
  • 01:51塗工速度を変えて実験(ワイヤバーコーター)
  • 03:56塗工速度を変えて実験(ワイヤレスバーコーター)
  • 04:56もっと厚い塗膜に挑戦!

シリーズ「膜をつくる」
意外とカンタン⁉ 重ね塗り

  • 00:36Wet on Wet で塗り重ねてみよう
  • 01:20実験①
  • 02:33実験②
  • 03:382層塗膜断面を見てみよう

シリーズ「膜をつくる」
マルチアプリケーターの誕生

  • 01:22バーコーターの限界
  • 01:39ベーカーフィルムアプリケーターの弱点
  • 02:01バードフィルムアプリケーターの弱点
  • 02:17ドクターブレード型の弱点
  • 03:09マルチアプリケーターの誕生

シリーズ「膜をつくる」
ブロック型アプリケーターの特徴

  • 01:31ベーカーの特徴
  • 04:14バードの特徴
  • 05:28ドクターブレード型の特徴
  • 06:34もっと便利なフィルムアプリケーターは?

シリーズ「膜をつくる」
ワイヤレスバーコーターの特徴 Part 2

  • 00:47バーコーターの限界は?
  • 04:24JISが勧告する自動化の必要性
  • 05:36Try&Rentを活用して試してみよう!

シリーズ「膜をつくる」
ワイヤレスバーコーターの特徴 Part 1

  • 01:31ワイヤを巻かないバーコーター
  • 03:28真骨頂はポケット形状を変えられる!
  • 04:25実際の塗工のようす
  • 05:48優れた塗工性能(従来比較)

シリーズ「膜をつくる」
バーコーターの特徴 Part 2

  • 01:05ワイヤバーコーターの宿命的課題3つ
  • 01:301つ目:ポケットの目づまり
  • 02:052つ目:ワイヤの破断やズレ
  • 02:503つ目:ワイヤ痕(スジ状の模様)
  • 03:20その解決策は?

シリーズ「膜をつくる」
バーコーターの特徴 Part 1

  • 01:10バーコーターの代名詞=ワイヤバーコーター
  • 02:00バーコーターは塗りやすい…その謎解きは?
  • 05:25ワイヤバーコーターにも宿命的な課題?

緊急速報!
ポジテクタ―本体がモデルチェンジ 進化を解説

  • 01:11膜厚計、超音波多層膜厚計、超音波厚み計、電子結露計、表面粗さ計などに変身する共通本体
  • 03:00新しい本体の登場とその進化のポイントを紹介
  • 05:272つのグレードと強化されたメモリー容量
  • 06:04アドバンスをお勧めする理由

超音波膜厚計 初級編 Part 2
ポジテクタ―200 超音波多層膜厚計

  • 00:17ポジテクター200 失敗の原因!!
  • 01:46ポジテクター200 解決方法!!
  • 02:20ポジテクター200 測定範囲の設定手順

超音波膜厚計 初級編 Part 1
樹脂・木工・コンクリート上の塗膜

  • 00:47ポジテクター200 使い方の紹介
  • 01:36ポジテクター200 測定原理の紹介
  • 03:13ポジテクター200 多層膜測定の原理
  • 04:28実際に計ってみよう
  • 05:05測定の可否を決定づける重要な条件

付着性 初級編 Part 2
プルオフ法のトリセツ…手順をわかりやすく解説

  • 00:32ポジテストAT-Aによる測定試験!
    失敗しないための秘訣!!
  • 02:48AT-Aの特徴と設定手順を解説
  • 07:06実録! 測定手順を動画で解説
  • 08:39イラストで評価方法を解説
  • 10:55なぜクロスカット法だけではダメ?

付着性 初級編 Part 1
プルオフ法のトリセツ…付着値がわかる唯一の規格

  • 01:05測定値が安定しない!その謎を解明!!
  • 01:51引張軸補正機能が決め手!
  • 03:20測定に最も重要な3つのポイント

膜厚計 初級編 Part 2 Section 3
現場測定に革命 3種類のスキャンモード

  • 00:55現場測定の超時短を実現
  • 01:39実感! スキャンモードの便利さ
  • 02:21統計スキャンモード
  • 02:34指定平均スキャンモード
  • 03:35おさらい「経費削減のスゴ技」

膜厚計 初級編 Part 2 Section 2
ちょっと待って…そのプローブで端を測ってはいけません

  • 00:55進化するプローブ!!
  • 01:33大きな落とし穴
  • 02:29マイクロプローブ!
  • 02:5730種類以上のプローブを用意
  • 03:28おさらい「プローブの適材適所」

膜厚計 初級編 Part 2 Section 1
プローブ選びの基本は…素地と塗膜の組合せ

  • 01:10適切な膜厚計の選び方
    素地と塗膜の組み合わせ!!
  • 01:32Fプローブ
  • 02:05Nプローブ
  • 02:56FNコンビネーションプローブ
  • 03:15おさらい「素地と塗膜の組み合わせ」

膜厚計 初級編 Part 1
膜厚計選びで後悔しないための3つのポイント

  • 00:50意外な落とし穴をチェック!
    良い膜厚計の選び方!!
  • 02:06良い膜厚計の選び方
    Point1 プローブの交換が出来る!
  • 02:59良い膜厚計の選び方
    Point2 豊富なラインナップ!
  • 03:47良い膜厚計の選び方
    Point3 先端摩耗が防げる!
  • 08:21良い膜厚計の選び方
    良い膜厚計を選ぶ3つのポイント(まとめ)

新登場 !!
炉内&製品温度測定用 『カーブエックス4』

シリーズ「膜をつくる」
マルチ・ベーバード・アプリケーター

シリーズ「現場塗装」スピンオフ版
誕生!ブレスルパッチの革命児

シリーズ「膜をつくる」
自動塗工機 進化する自動コーター ALC編

シリーズ「膜をつくる」
自動塗工機 進化する自動コーター AFA編

シリーズ「現場塗装」Part 1
膜厚管理…バッチ・スキャン・統計モードの活用

シリーズ「膜をつくる」
検証 塗工速度が原因だった⁉ 低粘度編

シリーズ「膜をつくる」
検証 塗工速度が原因だった⁉ 中粘度編

シリーズ「膜をつくる」
検証 塗工速度が原因だった⁉ 高粘度編

シリーズ「膜をつくる」
意外とカンタン⁉ 重ね塗り

シリーズ「膜をつくる」
マルチアプリケーターの誕生

シリーズ「膜をつくる」
ブロック型アプリケーターの特徴

シリーズ「膜をつくる」
ワイヤレスバーコーターの特徴 Part 2

シリーズ「膜をつくる」
ワイヤレスバーコーターの特徴 Part 1

シリーズ「膜をつくる」
バーコーターの特徴 Part 2

シリーズ「膜をつくる」
バーコーターの特徴 Part 1

緊急速報!
ポジテクタ―本体がモデルチェンジ 進化を解説

超音波膜厚計 初級編 Part 2
ポジテクタ―200 超音波多層膜厚計

超音波膜厚計 初級編 Part 1
樹脂・木工・コンクリート上の塗膜

付着性 初級編 Part 2
プルオフ法のトリセツ…手順をわかりやすく解説

付着性 初級編 Part 1
プルオフ法のトリセツ…付着値がわかる唯一の規格

膜厚計 初級編 Part 2 Section 3
現場測定に革命 3種類のスキャンモード

膜厚計 初級編 Part 2 Section 2
ちょっと待って…そのプローブで端を測ってはいけません

膜厚計 初級編 Part 2 Section 1
プローブ選びの基本は…素地と塗膜の組合せ

膜厚計 初級編 Part 1
膜厚計選びで後悔しないための3つのポイント

ページの先頭へ