cotec store
動画を見る
お問合せリスト

TQC ロータリー刃式クロスハッチカッターCC1000

準拠規格

ISO 2409, ISO 16276-2, JIS K 5600-5-6,
AS 3894.9, AS 1580.408.4, ASTM D 3359-B, ECCA T6, EN 13523-6

特徴

  • ● 海外では採用が多いロータリー式ブレードを採用しています。
  • ● 1つのロータリブレードにつき8か所の切込みエッジが利用できるため、刃交換8回分を1つのロータリー刃で済ませることが可能です。
  • ● エッジ交換は秒単位で行なえます(レンチで6角ボルトを緩めてロータリーを回すだけ)。

ご注文&価格のお問い合わせは…

コードNo. 品 名 対応規格 内 容
KT-VF1839 フルキット 1mm間隔6本刃 JIS K5600 ●多重刃本体
●ブラシ※2
●ルーペ※2
●テープ※3
●ハードケース
KT-VF1842 フルキット 2mm間隔6本刃JIS K5600
KT-VF1844 フルキット 3mm間隔6本刃JIS K5600
KT-VF1846 フルキット 1mm間隔11本刃※1ASTM D3359
KT-VF1847 フルキット 1.5mm間隔11本刃※1ASTM D3359

●6本刃では25マスのクロスカット、11本刃では100マスのクロスカットによる試験が行なえます。

HINT!
ブラシとルーペは何のため?
柔らかい素地上の塗膜の場合は、クロスカット後のテープ剥離はしません。クロスカットした塗膜表面をブラシで掃いた後でカット部をルーペで観察します。
  1. ※1:11本による100マス試験を規定したJIS K5400では多重刃の使用は認められていません。
    多重刃を用いた場合はASTMに準拠した試験になりますのでご留意ください。
  2. ※2:柔質素地の場合は、テープは用いずにブラシでこすってルーペで状態を観察します。
  3. ※3:テープは規格に基づく検査成績書の発行等に対応しておりませんのでご了承ください。

スペア刃

1つの刃で7回のエッジ更新が可能です

コードNo.刃間隔と刃数
KT-VF23551mm間隔6本刃
KT-VF23572mm間隔6本刃
KT-VF23583mm間隔6本刃
KT-VF23591mm間隔11本刃
KT-VF18611.5mm間隔11本刃

● 本体は共通ですので、例えば1mm間隔の刃から
2mm間隔の刃に付け替えることも可能です。

校正証明書

  購入時に添付 別途費用で添付
校正証明書/Certificate of Calibration
検査成績書/Certificate of Test
  • TQCプロフィール
  • 製品サイトマップを見る
  • お問合せリストをダウンロード
  • ご注文ガイドをダウンロード
  • ガイダンス:クロスカット法新旧規格の主な違いは?
  • ガイダンス:単一刃と多重刃利点と欠点
  • ガイダンス:プルオフとクロスカットどこが違う?
  • ガイダンス:付着性の評価 検査方法の全体像を見る
  • 関連商品:TQC製多重刃CC3000
  • 関連商品:COTEC製クロスカットCCJ
  • 関連商品:COTEC製クロスカットCCI
  • 関連商品:DeFelsko製プルオフデジタル
  • Try & Rent 出品商品です