「月」ボタンをクリック

【Head Office】

住所: 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-22 ヤマギビル4F

Address: 4F, Yamagi Bldg., 3-11-22, Iidabashi, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0072 JAPAN (Postal Code: 102-0072)

【 電話: 03-6913-6528 / Phone Number: -81-3-6913-6528

【 ファックス: 03-6913-6529 / FAX Number: -81-3-6913-6529

【 正規代理店/総販売元 】

  • TQC & Sheen (EU):日本総輸入元・総販売元
    (TQC および Sheen は Industrial Physics社のコーティング分野専用のブランドです)
  • DeFelsko (米国):日本総販売元
  • Rubert (英国):日本正規代理店
  • LENETA (米国):日本正規代理店

DewCheck 4 – Dewpoint Meter
デューチェック・フォー
DewCheck 4 スペック

準拠規格

ISO8502-4, IMO MSC.215(82), IMO MSC.244(83), NACE RP prop97, ASTM D3276-05, BS 7079-B4

結露とは?

結露と言うと、私たちは冷たい水を注いだガラスコップの外側に付いた水滴や窓ガラスの水滴を思い浮かべがちですが…

塗装対象の素地表面に発生する結露は塗装のはく離や塗装下での錆の発生原因になりますが、塗装作業では目視では確認できないレベルの結露がトラブルの原因となります。このため、PSPC(造船に関する塗装性能基準)では、「湿度85%以上、ΔTが3℃未満の場合にはブラスト処理を施さない」さらにブロック製造時や結合時の項目では「塗装開始前および塗装中定期的に表面温度、湿度、露点を計測し記録する」と規定しています。また、JISでも鋼板上の塗装においては鋼板温度が結露温度と所定の温度差があることを塗装作業条件として規定しています。結露は目に見えない…とご理解いただくのが現実的です。

特徴

DewCheck4
  • 世界の塗装現場が性能を認め採用しているデジタル高機能結露計です。
  • 測定・記録項目は以下の通りです。
    相対湿度:%-RH
    周囲温度:℃-Ta
    表面温度:℃-Ts(接触計測)
    結露温度:℃-Td
    結露温度と表面温度の差:℃-TΔ
  • それぞれのパラメータの制限値を設定できます。この制限を超えると警告音が鳴りライトが点灯します。
  • 拡張機能も豊富です。
Dewheck4 イメージ

主な機能

多彩な機能を一部をご紹介

3つの測定モード
3つの測定モード
通常の測定の他に便利な記録モードが2種。マニュアルモードでは測定中にボタンを押した時点の値が時刻とともに記憶、インターバルモードでは設定した一定時間ごとに値が自動記憶されます。
バッチ機能
バッチ機能
データを区分けして記憶させることが可能。測定部位ごと、製品種ごと、塗料種ごと・・・品質管理に便利です。左図の例は建設機械メーカーです。タンク、デッキ、リア、フロントに分けて記憶させています。
アラーム機能
アラーム機能
音と光と画面表示でお知らせ。表面温度、ΔT温度など各指標ごとに設定が可能です。バッチごとに異なる限界値を設定することも可能。タンクの塗装では表面温度、リアの塗装ではΔTに限界値を設定する…などが可能です。

便利機能も充実しています

便利機能

主な仕様

  • 相対湿度(上部センサー):0~100%(分解能0.1%、精度±3%)
  • 周囲温度(上部センサー):-20~+80℃(分解能0.1℃、精度±0.5℃)
  • 表面温度(上部先端接触測定用):-30~+60℃(分解能0.1℃、精度±0.5℃)
  • メモリー(最大8バッチ使用可):Manual時6000点、Interval時12000点
  • 電源:単3アルカリ×3本
    電池寿命の目安:manual logging で400時間使用(バックライトOFF時)
  • 寸法および質量:195×75×35mm 約300g
ページの先頭へ