cotec store
お問合せリスト

TQC スプリング荷重式ひっかき硬度試験器 HT-Pro

準拠規格

DIN 55656, ISO 22557, Bosch, Opel, Volvo 社内規格など

特徴

HTプロはスプリング荷重式ひっかき硬度試験器 (Hardness Test) KT-SP0010のプロ仕様モデルです
ベヤリングホイールのより以下の効果が得られます。

  1. ①押し当て圧の一定化
  2. ②押し当て角度のふらつきの抑制
  3. ③傷つけの抑止

※手で押し当てると力を入れすぎて先端チップが引っ込んでもなお強い力が加わり試験器のエッジで塗膜面をこすってしまうことがあります。ホイールにより塗膜面との距離が一定化されるためエッジによるこすりが抑制されます。

HINT!
タングステンカーバード製の先端チップをスプリングによりお客様が設定した荷重で塗膜面に押し当てます。
荷重が一定化されるので、簡便でありながら鉛筆式より安定した結果が期待できるものとして、ヨーロッパの自動車メーカー・部品メーカーを中心に採用が広がっています。また、下図の検査例のように曲面への適用も可能です。
なお、JIS化はされておりません。

ホイールユニットはとりはずし可能で、ホイール無しの単体としても使用できます

いったんチップ部を取り外す
ホイール部に本体をを差し込みます
チップ部を再び取付けます
ビスで固定します

使い方

  1. 荷重範囲からスプリングを選択します。
  2. 目盛は使用したスプリングの識別色(黒、青、赤)に応じて該当する色のものを使用して読み取ってください。
  3. 黒いスライダーに取り付けられた赤いノブを緩めて、使用したい荷重位置にスライダーを移動し、その位置で赤いノブを締め付けて固定します。
  4. 塗膜に対して硬度計を垂直に当て、先端チップに適切な荷重がかかるようにホルダーを押し当てます。
  5. 塗膜上を1秒間で少なくても10mm以上そのまま硬度計を移動させます。
  6. 目視でキズの有無を確認します。

KT-SP0010もHT-Proも押し付け力の異なる3種のスプリングと交換できます

スライドを外します
スプリングを交換します
留め具を入れます
スライドを留め具に固定します

仕様の概略

  • 材質
    本体: アルマイト処理アルミニウム、先端チップ: タングステンカーバイド
  • スプリング
    以下の3本のスプリングが標準で付属します。
    黒色: 0~3N(300g)用 目盛単位10g刻み
    青色: 0~10N(1kg)用 目盛単位50g刻み
    赤色: 0~30N(3kg)用 目盛単位150g刻み
  • 先端チップ径
    φ1mm

KT-SP0010もHT-Proも押し付け力の異なる3種のスプリングと交換できます

チップ部を取り外します
使用していた先端チップを外します
新しい径の先端チップを用意します
チップ部に入れて本体に固定します

ご注文&価格のお問い合わせは…

モデル名称 仕様・内容 商品コードNo.
TQC スプリング荷重式ひっかき硬度試験器 HT-Pro ISO 4586-2準拠 KT-SP0015

大きさと重さ:(L)175×(H)160mm、約365g

セットの内容

  • 本体
  • 取っ手付ホイールユニット
  • スプリング3種
  • ハードケース

オプション先端チップ

モデル名称 付記 商品コードNo.
φ0.5mm、R0.25mm Opel, Volvo採用規格 KT-SP0012
φ0.75mm、R0.375mm Bosch, Volvo採用規格 KT-SP0013
φ1.0mm、R0.25mm ISO1518準用、Volvo採用規格 KT-SP0014

校正証明書

  購入時に添付 別途費用で添付
校正証明書/Certificate of Calibration
検査成績書/Certificate of Test
  • TQCプロフィール
  • 製品サイトマップを見る
  • お問合せリストをダウンロード
  • ご注文ガイドをダウンロード
  • ヒント:硬さってなんだろう?
  • 関連商品:TQC製鉛筆ひっかきISO規格
  • 関連商品:TQC製ショア硬度
  • 関連商品:TQC製振り子式非破壊