【 電話: 03-6913-6528 / Phone Number: -81-3-6913-6528 】  【 ファックス: 03-6913-6529 / FAX Number: -81-3-6913-6529

【Head Office】 住所: 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-22 ヤマギビル4F
Address: 4F, Yamagi Bldg., 3-11-22, Iidabashi, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0072 JAPAN (Postal Code: 102-0072)

「今日」ボタンをクリック

【 電話: 03-6913-6528 / Phone Number: -81-3-6913-6528
【 ファックス:
03-6913-6529 / FAX Number: -81-3-6913-6529

【Head Office】
 住所:
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-22 ヤマギビル4F
 Address: 4F, Yamagi Bldg., 3-11-22, Iidabashi, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0072 JAPAN (Postal Code: 102-0072)

「今日」ボタンをクリック

DeFelsko(デフェルスコ)
変身型測定器

PosiTector

共通本体 BODYのご案内

COTEC トップ変身型測定器 > 共通本体のご案内

本体と各プローブの適用表

  NEWモデル 旧モデル
該当シリアルNo. 784,000以降 780,321以降 730,000~783,999 700,000~729,999 700,000~780,320
6000膜厚計(金属素地用)
200膜厚計(超音波多層膜厚計)
DTP結露計
※※ ※※
IRT赤外線放射温度計
× ×
SPG表面ブラスト粗さ計
(ASTM規格)
※※※
RTRレプリカテープリーダー
(表面粗さ管理用)
RTRレプリカテープリーダー3D
(表面粗さ管理用)
× × ×
SHDデュロメーター(硬さ計)
× ×
BHIバーコール硬さ計
× ×
UTG超音波厚さ計
SST表面付着塩類分析計
× ×
PC粉体塗装硬化前専用
超音波非接触膜厚計
× ×
△評価について:ポジテクター(PosiTector) 200の測定結果を適切に判定するためにはアドバンス本体が必須となります。アドバンスのご使用を強くお勧めします。
ポジテクター(PosiTector) 6000 FNDS を除きます
※※ポジテクター(PosiTector) DPM IR、 DPM-Aと DPM-D を除きます
※※※ポジテクター(PosiTector) SPG-TS と SPG-CS を除きます

ポジテクター本体の特徴

ポジテクタープラットフォーム

同じ本体に対して、プローブに差し替えるだけで、別の性格の検査測定器に変身するという次世代の設計思想です。

同じ本体ですので、操作位置や表示の基本設計は共通です。作業者にとって覚えるためのご負担は格段に小さくなります。

付属のラバーカバーを併用することでさらに耐衝撃性が向上します。

ベルトクリップ付です。

※:IEC/JIS保護等級

IP65は、第一記号6:耐塵型、内部に粉塵が侵入しない。第二記号5:噴流水に対する保護。いかなる方向の水の直接噴流に対しても影響を受けないことを示しています。

アドバンス本体とスタンダード本体の違い 使用できる機能は接続するプローブの種類により異なります

共通仕様

  • 本体サイズ:135 x 61 x 28 mm
  • 本体重量:140g
  • 使用可能温度:0~+50℃
  • 電源:AAA(単四)アルカリ電池×3本(もしくはエネロープリチャージャブル電池あるいはオプションのNiMH電池)

アドバンス本体

商品No.
KH-BDYADV
ディスプレイ部
バックライト付ハイコントラストLCD
グラフィック表示機能
メモリー
100,000読取値の保存が可能
バッチ機能:1000にグループ分けが可能

スタンダード本体

商品No.
KH-BDYSTD
ディスプレイ部
バックライト付ハイコントラストLCD
グラフィック表示機能はありません
メモリー
250読取値の保存が可能
バッチ機能:なし

※使用できる機能は接続するプローブの種類により異なります。6000、200、DPMなど各モデルの項目をご確認ください。

forTop